とりあえず登録?イチオシの転職サイト

 


とりあえず、転職をはじめようと思っている!でも、どのサイトに登録するのがいいの?

 

 

自分にとってしっくりくる会社が見つからない!

 

 

という方のために、おすすめの転職サイトをまとめています。

 

 

とりあえず、登録するうえでも役立つはずなので、一度参考にしてみてください。

 

 

会社を辞めるか迷っている?


会社をやめようか迷っている方は一度考えておくべきことがあります。

 

 

これから列挙しますので、一度検討してみましょう!

 

1 退職しなければいけない?
2 勤続年数は何年?
3 転職活動のストーリー性は十分?
4 退職後の生活費、蓄えている?

 

1:本当に退職する必要ある?


今勤めている会社を退職する必要はありますか?

 

 

希望の職業に応募する際に、ご自身がどのような仕事を経験してきたのか必ず確認されます。

 

 

確認される区分
  • 現場作業者クリアレベル
  • 現場責任者クリアレベル
  • 部門リーダーレベル
  • 事業部の統括レベル

 

仮に、ご自身が上記区分の途中であった場合には、

 

 

「求める方向性は合致するものの、キャリア不足だから」との理由で不採用となってしまいます。

 

 

あと数年、一定水準にまで達するまでは会社にとどまっておくほうが身のためということもあります。

 

 

2:今の会社は勤続何年目?

今現在、会社は勤続何年目ですか?

 

 

もし、勤続3年未満での転職であれば、転職に不利に働く可能性があります。

 

 

ただし、絶対に転職できないわけでもありません。

 

 

勤続3年未満での転職
  • 日本では慣例として3年で1人前とされる。
  • 3年も持たないと、ストレスに耐えられない人かと疑われる。
  • 会社とうまくやっていけない人と疑われる。

 

 

3:転職活動のストーリー性は十分?


キャリアパスや志望動機に前向きなストーリー性は用意できていますか?

 

 

会社が嫌だから、嫌になって辞めるというのは絶対NGです!

 

 

前向きさをアピールしなければいけません。

 

 

「自分自身のステップアップで、次の会社でこういう経験をしたいから転職したい」

 

 

そういったストーリーが必要です。

 

 

面接にモロでますよ!

 

 

4:退職後の生活費、貯めている?


退職後の生活費のための貯金は十分にありますか?

 

 

一般的に、自己都合で退職した場合には就職見舞金は支給されません。

 

 

次の転職先の給料が振り込まれるまで、自分自身の貯金を切り崩さなければいけません。

 

 

一般的な目安とされる貯蓄額
  • 1か月分の給料の6か月分
  • 20万円であれば、20万×6か月⇒120万円

 

 

現在勤務中の会社を退職するまでの流れ

いざ転職をする!というとき順序を間違うと後々大変なことになります。

 

 

一般的な登録から採用までの流れを紹介します。

 

 

順序
1 転職サイトへの登録。
2 希望先企業との面接。
3 本採用後、入社可能時期を一度相談。
4 現在在籍中の会社に退職の意志を伝える。
5 現在在籍中の会社から承認をもらう。
6 在籍中の会社と退職時期をすり合わる。
7 退職時期が確定した後、転職先企業への連絡

 

 

転職サイトへの登録は会社にバレる?

転職活動中に、現在在籍している会社にバレるか心配になるかもしれません。

 

 

結論として、転職サイトが原因でバレることはありません。

 

 

転職サイトがチクってしまうと、登録者してくれる人がいなくなってしまうからです。

 

 

注意したほうがいいのは、自分でしゃべってしまうことです

 

 

ついつい、口を滑らせるようなことがないように注意しましょう。

 

 

とりあえず登録?8つの転職サイト


とりあえず登録するのにピッタリの転職サイトを8つ厳選しました。

 

 

とりあえず登録するの良い転職サイト
  • @-マイナビエージェント
  • A-type転職エージェント
  • B-BIZREACH
  • C-リクルートエージェント
  • D-JAC Recruitment
  • E-DYM就職
  • F-営業カレッジ
  • G-リクナビNEXT

 

 

@:マイナビエージェント


株式会社マイナビの人材紹介サービス「マイナビエージェント」です。

 

 

とりあえず登録するだけでも、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイス転職ノウハウなどの 情報提供を受けられます。

 

 

マイナビエージェントのおすすめポイント
No おすすめポイント

関東エリアの優良企業を網羅!
東京・神奈川・埼玉・千葉での転職希望の方におすすめ

人事&採用担当との太いパイプ
20〜30代に転職希望者におすすめ。

応募書類の準備から面接対策まで対応。
親身な転職サポートを受けたい方におすすめ

  

 

A:type転職エージェント


株式会社キャリアデザインセンターが運営する<type転職エージェント>です。

 

 

type転職エージェントのポイント
No おすすめポイント

非公開求人に出会える。
ビビっとくる会社に合うかも!

年収交渉はお任せ!
会社に丸め込まれないか心配している方におすすめ。

応募書類・面接にプロのアドバイス!
他の転職サイトに劣っていません。

条件や入社日の交渉などは不要!
会社に丸め込まれないか心配している方におすすめ。

  
プロのアドバイザーが今後のキャリアプランも含めて面談してくれます。

 

 

まだ、転職すると決めていなくてもとりあえず登録するだけでも役立ちます^^

 

 

キャリアアドバイザーは、経験豊富!
  1. 経済や業界動向等に広い知見
  2. 細かい企業情報にも精通

 

 

B:BIZREACH


BIZREACHは株式会社ビズリーチが運営する転職サイトです。

 

 

BIZREACHのポイントは「ハイクラス」人材!
  1. ハイクラスの人材として転職できる。
  2. 企業やヘッドハンターと連絡を取る機会もある!

 

ヘッドハンターと連絡をとるため、ある程度心の準備が必要にもなりますね。

 

 

C:リクルートエージェント


株式会社リクルートキャリアが運営するリクルートエージェントです。

 

 

とりあえず登録にピッタリ!情報たくさん^^
No おすすめポイント

業界最大級の非公開求人数
とりあえず登録だけでも、求人をたくさん見れます!

アドバイザーは経験豊富!
不安感のある転職希望者には心強い味方です。

充実した転職サポート
就業年数が浅い方には助かるフォロー体制!

 

 

1.とっても多い!求人数

リクルートエージェントでは10万件以上の求人があります。

 

 

とりあえず登録するだけでも、たくさん連絡が来ます!

 

 

2.ベテラン講師

リクルートエージェントでは、ベテラン講師が求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介しています。

 

 

とりあえず登録しておくだけで、厳選してくれるんです。

 

 

3.転職サポートもたっぷり

リクルートエージェントでは、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、志望企業への推薦書など様々な転職サポートを用意。

 

 

いざ、転職活動をする!と決めてもスムーズに転職活動に入れます。

 

 

D:JAC Recruitment


JAC Recruitmentは株式会社ジェイエイシーリクルートメントが運営する転職サイトです。

 

 

本格的な転職サイト!
No おすすめポイント
英語を生かす仕事、外資系企業、海外への転職に強みがあります。
経理・財務・人事職種、メディカル業界に精通しています。
業界・職種別スペシャリストによるサポートもばっちり
関西圏の高シェアなので、出身者におすすめ!

 

 

1:英語や中国語の仕事、外資系企業、海外への強み

JAC Recruitment Groupはアジア知名度の高いグループ企業です。

 

 

アジア諸国での転職支援は25年!

 

 

日系→外資系転職により年収があがる事例もあります^^

 

 

アジア諸国ならではの特色
  1. 英文レジュメの無料添削や英語面接対策
  2. 中国語話力のレベルチェックなど
  3. 日系企業・外資企業の求人
  4. 国内・海外の求人

 

 

2:経理・財務・人事職種・医療業界でも実績

経理・財務・人事職種・医療業界の方にもおすすめです。

 

 

20年以上の歴史があり、企業の中枢である管理部門で実績を積んでいます。

 

 

メディカル業界は外資系企業が多いです。

 

 

3:業界・職種別スペシャリストによるサポート

JAC Recruitmentでは専門分野別にチーム制をとって、業界職種のスペシャリスト育成。

 

 

JAC Recruitmentでは外資系人材紹介会社で一般的なリクルートメント・コンサルタント制を採用。

 

 

求人企業へのコンサルティングの双方を一人のコンサルタントが担当するスタイルです。

 

 

4:関西でのシェアが高い

JAC Recruitmentは、関西圏ではリクルートエージェント社に次いで多くの求人数を扱っています。

 

 

JAC Recruitmentの主な拠点
  • 大阪
  • 京都
  • 神戸

 

 

E:DYM就職


DYM就職は、株式会社DYMが展開している転職サイトです。

 

 

DYM就職のおすすめポイント
  1. 既卒・第二新卒向け!
  2. 正社員の求人のみ
  3. 書類選考はありません。最短1週間で入社も
  4. フリーターでも登録できます。

 

 

既卒者や第2新卒におすすめ!

株式会社DYMは新卒紹介をしている会社です。

 

 

新卒のみならず、既卒者や第2新卒の方向けのサービスを展開しています。

 

 

一般的に既卒者や第2新卒者は不利ではありますが、チャンスが増えます。

 

 

早く就職活動を終えたい方におすすめ

DYM就職では、書類選考を経ずに面接できます

 

 

書類選考の半月、1か月分だけ早くなります!

 

 

とりあえず登録しようという方はちょっとあわないかもしれません。

 

 

DYM就職の採用までの流れ
  • DYM就職に(とりあえず)登録する。
  • DYM就職の担当者とMTG
  • 企業の担当者と面接

 

 

F:営業カレッジ


営業カレッジは、株式会社ジェイックが運営する転職サイトです。

 

 

営業カレッジは20歳〜25歳の方におすすめ

営業カレッジは、若年層男女の就職サービスを展開しています。

  • 既卒者
  • 第二新卒
  • 大学中退
  • フリーター

 

 

就職成功率 8割
就職後の定着率 9.4割
正社員支援実績 1万2千名
契約企業 5万社超え
展開エリア 関東-東海-関西

 

 

G:リクナビNEXT


リクナビNEXTは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職サイトです。

 

 

リクナビNEXTだけの求人は約8割にも

圧倒的な求人数なので、とりあえず登録しておこうという方にはおすすめです!

 

 

登録しておくだけでも、たっくさんの情報が得られます!

 

 

リクナビNEXTにとりあえず登録しておくのがおすすめ!
  1. そのうち転職しようと思っている方
  2. まだ、ピンとくる転職先が見つかっていない方
  3. 転職活動をスタートしているという方

 

 

リクナビNEXTからからオファーが来る!

リクナビNEXTでは、職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのオファーがもらえます。

 

 

とりあえず登録だけしておいても、オファーがもらえるなんて魅力的だと思います!

 

 

とりあえず登録しようと思っている方はおすすめ!
  1. 自分のスキルを活かしたいという方。
  2. 良い企業からアプローチも受けてみたい方。
  3. 他業種に転職しようと思う。
 

まだまだあるある!転職にまつわる疑問点

 

とりあえず登録するといっても、不安や心配はまだまだ出てきます。

 

転職を強制されることはないか?


100%ではありませんが、少し強制されることはあり得ます^^

 

 

ただし、Noと伝えても会社にバラすようなことはありません。

 

 

転職の意志が固まらければ、どっしりと身構えてNoと伝えましょう!

 

 

強制してくるとは?

具体的には「転職エージェント」が「あなた」に対して(少し)強引に転職をおすすめするというものです。

 

 

理由とは、転職エージェント自身の自社内での業績(人事評価)によるものです。

 

 

エージェントは、何人就職を成功に導いたか?の就職成功人数が評価基準の1つとなります。

 

 

「せっかく決まっていた内定を空振りにしたくない」

 

 

そう思うのも仕方がないものです。

 

 

強要される身近な例(1月〜2月を基準)
内定を出した会社側 内定を出したから、気が変わる前に決断してほしい。
転職希望者

転職はするつもりでいるが、今いる会社が決算前の繁忙期。
繁忙期が落ち着いた後、6月や7月に移りたい。

エージェント

人事評価は3月まででカウントされる。
⇒3月までに決断してくれるのであれば、内定は有効。
(4月以降の内定は強制的に無効)

 

 

重複応募したとき、断り方はどうする?


重複応募したとき、断り方に困ったりすると思います。

 

 

重複応募の際の断り方を紹介します。

 

  • 現在勤務中の会社に残ることに決めたから。
  • 家庭の事情で賛同が得られなかった。
  • よくよく考えてみたけど、転勤がありうるのが嫌だから。

 

重複応募で断るのは内心申し訳ない気持ちもあります。

 

 

しかしながら、断るのも仕事の1つです。

 

 

 

断る際には、忘れずに謝るようにしましょう^^

 

 

転職サイトは偽名でもいいの?だめではありませんが、本名で登録しましょう。


転職サイトを使う事に後ろめたさを感じる人がいます。

 

 

  • まだ転職を本気で考えておらず今の職場にも一定の満足感はある
  • そのため求人情報を探している事がバレたくない

そんな思いから転職サイトにいわゆる偽名で登録するケースも見られます。

 

 

SNSなどはカジュアルなサイトなので偽名、要するに創作した名前でもOKです。

 

 

しかし転職サイトは公的なものであり、原則本名オンリーです。

 

 

偽名でもいいんかーい!


偽名登録が直ちに規約違反になり、何かしらの罰則を受ける事は基本的にありません。

 

 

ただし、転職サイトの画面を通して面接やオファーのメールのやり取りする際、偽名は後々支障をきたします

 

個人情報の漏洩が気になる方も多いですが、転職サイトは大手企業が運営しています。

 

 

本名で登録しても同僚や上司にそれがバレる恐れはありません。

 

 

求人内容はどれも同じ?いえ、求人内容は転職サイトごとに異なります。

日本社会はアベノミクスや東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて空前の好景気となってきています。

 

 

求人いついてても活況を呈して、求職者が有利な売り手市場の傾向となりました。

 

転職サイトは星の数ほど存在ますが、求人は内容は転職サイトごとに変わっているのをご存知でしょうか。

 

 

これはサイトごとに新卒者向けのものからシニア世代を対象にしたものなどがあるからなのです。ターゲットが違うことにより同じ会社であっても求人内容が微妙に差があるものなのです。

 

 

今より良い待遇の会社で働き、生きがいを求めるのは当然の権利です。

 

 

しかしながら企業文化というものがあり、働き方は千差万別となっています。求人は転職サイトを吟味しましょう。

 

 

転職サイトにあるスカウト機能ってどう?登録しておくほうがいいの?


スカウト機能とは自分から企業に応募するのではなくプロフィールや職歴等を登録しておけばそれを見た企業側から声をかけてもらうことが出来る機能です。

 

 

スカウト機能のポイント
  • 自分からは応募しない。
  • 企業からお誘いが来る。
  • 面接等は実施する。

 

スカウト機能のメリット

最大のメリットは自分で探す手間が不要で求人を紹介してもらうことが出来る点です。

 

 

さらに自分で求人を探すよりもスカウトなら自分が応募しない様な業界、職種からも声がかかることもあるので選択肢の幅が広がります。

 

また相手の方から自分に興味を持ってスカウトしてもらえるので、自分で応募するよりもその後の展開がスムーズになると言うことが出来ます。

 

 

スカウト機能をお勧めする方
  • 思わぬ掘り出し物の企業に巡り合いたいという方。
  • 手広く会社探しをしたいという方。
  • 忙しくて、時間を取れないという方。

 

自分で応募する企業を決めたいという人でも一応登録しておくと思わぬ掘り出し物の企業が見つかるかもしれません。

 

 

転職サイトに登録するときには、現在勤務中の会社からは分からないように!


転職をする際にはスムーズにかつ円満に進めることが大切です。

 

  • 給料が安い
  • 人間関係がうまくいかない
  • 社風が自分と合わない

 

現職から離れたくなるときは転職サイトに登録することがあるかと思います。

 

 

転職サイトを登録する時には以下の2点に注意しておきましょう!

  • 1:自己プロフィールに個人を推測できるようなことを書かない。
  • 2:内定が出るまでは、今の職場内ではカミングアウトしない。

 

1:自己プロフィールの内容には注意


転職サイトには自己プロフィールを作成します。

 

 

役職や職務経験をかくことになりますが、具体的過ぎてどこの会社の人なのかわかってしまう恐れもあります。

 

 

会社の人事担当者も転職サイトを回遊しています。

 

 

バレてしまわないように注意しましょう。

 

 

2:内定が出るまでは、カミングアウトしない

退職カミングアウトのタイミングには注意しましょう。

 

 

辞表を提出するときには、すでに転職が決まっている方が退職日の希望や、職場への引き継ぎも期限をもってしっかりと行えます。

 

 

決まっていないのに辞表を提出すると、収入も途絶えることもさながら、引き留める為の条件に応じてズルズルと引きずり辞められなくなります

 

 

現職に留まったまま転職サイトに登録しておけば今自分の置かれている状況と転職先の待遇を比較して進められますし、収入が大きく途切れる心配もなくなります。

 

 

辞表の提出の時点で揺らがない為にも、勤務中の会社には知らせることなく、転職サイトにて活動する方が賢明です。

 

 

転職サイトにはブラック企業も混じっている?あると思っておいたほうがいいです。

転職サイトに掲載されている企業の中には、残念ながらブラック企業も含まれていることがあります。

 

 

転職を多く受け入れたり、一般的な求人期間とは別で求人をし続けている(=会社の出入りが激しい)

 

 

こういった状況が続いてる企業というのは、「退職者が頻繁に出る」「新卒採用で苦労をしている」などの理由から、人材が定着しにくい環境の職場だと言えます。

 

 

転職サイトを見ているときもブラック企業かどうかを慎重に判断しましょう。

 

 

転職先の会社が、(実は)ブラックだったと入ってから気付いてしまうと、再度転職活動をしている間は失業状態か、ブラック企業での労働をしながらの転職活動をしなければなくなってしまいます。

 

 

求人票をブランドだけで決めてはいけません!

「知名度もあるし、とりあえず登録しようかな!」

 

 

求人を探す時にブランドを重視する方は非常に多いです。

 

 

せっかく求人票を探すのであれば、やはりブランド力のある会社が良いですよね。

 

 

しかしながらブランド力はあっても、条件の良い会社とは限らないので注意していただきたいです。

 

 

「とりあえず登録」はよしておいたほうがいいのはどうしてか、説明します↓↓

 

 

転職しても、すぐにやめてしまう人も・・


実際に働き始めたらあまりにも仕事内容が過酷で、やめることを考えるようになるといったケースもあります。

 

 

実際にすぐにやめる方もいらっしゃいます。

 

 

「とりあえずはブランド(知名度)」で!

 

 

というスタンスはしないように注意しましょう。

 

 

ポイントはイキイキできるとこ

自分の希望条件に合っているような求人票を見つけることが一番大切になります。

 

 

働きやすい環境が整っていて、自分の才能や実力を活かせる会社を見つけるようにしてみてください。

 

 

とりあえずは、重視するポイントを変えましょう^^

 

 

転職サイトの求人検索をするときに、条件を絞りすぎるのはNG!


転職サイトを利用して求人検索をする場合、とりあえずは検索条件を絞ることと思います。

 

 

何十万件と膨大な求人情報が集約されているので、条件を絞っていかないと探すのが大変ですよね。

 

 

そのようなときに希望する項目と希望しない項目などを選り分けて検索をかければ、より効率的に希望にあった仕事を探すことができるわけです。

 

 

「とりあえずは!」と条件を絞ってはいませんか?

  • とりあえず残業が少ないところ
  • とりあえず年収は500万円以上で
  • とりあえずは、転勤がないところ!

 

 

絞り過ぎはNG?


ただ、条件を絞りすぎるのはNGです。

 

 

あまり絞ってしまうと、希望している仕事がヒットせず、見落としてしてしまう可能性があるからです。

 

 

なるべく多くの求人情報を表示させ比較検討ができるように、条件は少しずつ絞っていきましょう!

 

 

転職サイトで気になる求人があれば、早めに応募しましょう。

転職を考えている方は転職サイトでどれくらいの数の企業を検索しているでしょうか。

 

 

良い条件の企業は人気が高く、応募枠はすぐに埋まってしまいます

 

 

これだ!と思った求人には早めに応募しましょう。

 

 

応募数が多ければ多いほど、採用への道もそれだけ多くなるということです。気になる企業が見つかった際には早め早めの応募を心がけていきましょう。

 

 

次に当てはまる方は、今より2テンポ早く行動しませんか?

気になる企業が検索結果にヒットした際、こんな状況になっていませんか?

 

  • 「まだ条件に合う良い企業があるかもしれないから」と保留にしたまま条件を少し変えて検索し直している。
  • 気になる企業を見つけても、別の転職サイトを試してみたりする。
  • 次々と探しては応募したい企業の候補ばかりが増えて実際にはどこへもエントリーしていない。
  • 転職は失敗したくない、今度こそ今より良い環境を、と慎重に探しがち。

 

上記に当てはまる方は、いい条件の企業に応募するチャンスを逃している恐れがあります。

 

 

転職サイトからのメールは拒否するのもあり。頻繁に受け取りたくないならもらわなくてOK

サイト側や転職会社から求職のメールが複数届く事もあります。

 

 

あなたにとって必要な内容のものであれば開いてみればいいですし、今は必要がないと思う時にはメール受け取り拒否設定をしておくと余分な情報を受け取らずに済み、効率もよくもなります。

 

 

状況に合わせて時には拒否することをお奨めします。

 

 

メール拒否しても支障にならないかな?

仕事をしたいと考えた時には、複数の派遣会社に登録をしたり、アプリ等を使って仕事情報を入手する事があると思います。

 

 

転職サイトもいろいろあるので迷う事も多いですが、基本的にどんなサイトや会社であっても、仕事を探しているあなたがやりたい仕事の内容のものを選らんで応募する事が大切です。

 

 

派遣会社であれば予めあなたの興味がある仕事内容を伝えておいて、紹介してくれる仕事情報の量を絞り込んでおくと応募がスムーズに進む事に繋がります。

更新履歴
トップへ戻る